若女将のブログ

兵庫県と東京まで、講演活動

月に一回ペースで観光学部やサービス学科などの学部がある大学、専門学校、高校で
「旅館の魅力を伝える」という講演活動が続いています。
.

11月は兵庫県夙川にある「大手前大学」にて。
学生の皆さんは60~80名ほどいらっしゃったでしょうか。
.

直近と言えども、こちらの学校さんはいつになく印象に残っています。
男性も女性も皆が真剣に私の顔を見て、表情明るく
耳を傾けてくれていたことがとても印象的でした。
.

講義後に配るアンケートとは別でレポートも書いてくださっていたようですが、
先日その一部が私宛にメールで届きました。

私が伝えたいことを素直に受け止めてくれているようで、
この細々とした講演活動の遣り甲斐を感じます。
.
.

先日は東京の「落合」と呼ばれるところにある「日本ホテルスクール」まで出向きました。
ホテル、ブライダルの専門学校というだけあって、すでに実地訓練も経験されている学生さんばかり。
.

60分間×2回を話し、実は来月も同校へ出向きさらに2回同じ話をします。
計150名以上の皆さんが旅館について耳を傾けてくださるわけで、
片道3時間は体力的になかなかキツイですが、本当に有難い機会を頂戴しました。
.

「是非、旅館に就職してください!」といった下心丸出しの話や
京都や自分の旅館の自慢話なんて絶対にしたくない。(まずそんなことは頭にないので)
.

ただただ純粋に、
「ホスピタリティって決して難しいことじゃないヨ!
彼氏や彼女の誕生日にいろいろとプランニングする、あのワクワク感と一緒だよ!」
ということを伝えたい。
.

だから、私の話の構成は、京都や自分の旅館の紹介は1/4程度にとどめ、
ひたすら「旅館業」と「ホスピタリティ」について説明しています。
.

旅館の歴史や、軒並み減少する現状、
ホテルのみならず宿泊形態が多岐にわたる時代に入っているけれど、
それでも「旅館」が無くならないと確信する理由。
.

「泊まって良し、働いて良し、薦めて良し」の旅館業の存在を広める為に、
お声をかけてくださるかぎり、これからもコツコツこの活動を続けたいと思っています。
.
最後の写真はこの学校を紹介してくださったJTBの白井氏(ストライプのネクタイ)、
日本ホテルスクールの理事長でいらっしゃる石塚氏(紫のネクタイ)と一緒に。

お問い合わせ

Tel075-561-8011