若女将のブログ

関西も松の内が終わりました

新年が始まって早くも二週間が経過。
旅館業を営んでいる私にとって、年末年始は忙しくも有難い一週間。
.

私が接客したあるお部屋では、未就園児と乳児がいらっしゃいました。
お子さんがいると、ついつい話が弾んでしまう(^^)
.

私にも9才と3才の子供がいると言うと
「え?今お子さんは?なんだか申し訳ないです」と仰って、お客様に気を遣わせてしまいこちらは恐縮しました。

.
.

サービス業やホスピタリティ産業と呼ばれる対面で接客する職種は、
人様がお休みの時は働くのが当たりまえ。
.

その代り、一息ついた時は混雑を気にすることなくゆっくりできます(^^)/

さて、関東では1月7日だそうですが、
関西の松の内も今日で終わりです。
本日をもって、館内のお正月用の飾り物も片づけることになります。

今年は庚子(かのえ・ね)の年。
近代の文明開化以降、3度目の「庚子」の年。
.

結実の後に、新たな形に変化しようとする「庚」と、
生命のスタートであり、繁殖や発展を意味する「子」が掛け合わさっています。
.

つまりは今年は新たな芽吹きと繁栄の始まりです。
.

祇をん新門荘もお客様にお喜び頂けるように、
躊躇することなく変化を受け入れ、厭わず変化に努め、
そして多くのお客様とのご縁が育まれるように前進してまいります。

お問い合わせ

Tel075-561-8011