女将のブログ

40年務めてくれた従業員から

手紙が届きました。タイトルの通り40年間もここ新門荘に務めてくれていた従業員からです。

毎日メディアから見聞きする京都の悲惨な現状下で、
さぞかし気苦労されていることだろうと嘆き気遣ってくれていました。
.

何度かこのブログにも載せていたかもしれませんが、
私は幼少時代に彼女からお年玉をもらっていたこともあります。
80代の彼女は当館の半分以上の歴史を知っているのです。
.
社員旅行が海外だった昭和のバブルの良き時代も、会社経営がとても苦しい時も。
再び盛り返して、休日を取ってもらうのが困難なほど連日のお客様で賑やかだった時も。
そして、小娘の私が若女将を務めた後に女将になった、今のこの時も。
.
口数は少ない方だったけど、物腰柔らかなとても優しい人柄で、
私を始めほかの従業員からアルバイトの大学生まで、
多くの人間が彼女から思いやりや人として大切なことを学んできました。

人当たりのキツイ人でさえも、彼女の前になると途端に優しい人間になるのです。
自然とそう接していしまう魅力がありました。
.
私が若女将になった当時、参加しまくったいろんなセミナーから習得したことをフィードバックするため
アレヤコレヤとスタッフ教育として、座学やOJTをしてきてきましたが、
戸惑う従業員もいる中、愚痴の一つもこぼさずに黙々と付いてきてくれました。
.
しかしながら、ここ5年程前から何度か
「もう年だから、ほかの若い子の足を引っ張るし辞めたい。
みんな真剣に働いているのに、私だけボケ防止感覚で働いていては申し訳ない」
など謙虚な話がありました。

.

そんな話を聞くたびに「体の不調ではない限り、週に1日でも数時間だけでもいいから続けてほしい」と
退職意向を受け入れず残ってもらいました。
まさかの回答に涙目で喜んでくれていた顔が忘れられません。
.

彼女からの手紙を拝読して、私も走馬灯のように若女将になりたての頃の記憶が蘇ってきました。
当時の客室係(仲居)は皆60-70代。そこに20代の私がひょっこり入っていて、
皆と同じように館内を走り回っていました。
.
孫を見るように、また時には生意気な私の言動を
物見遊山気分で見ているオバアチャン達に囲まれて最前線に出て仕事をしていました。
.

そんな私は今は一歩も二歩も下がって、一切の口出しをせず、
新しい土台を作り上げようと奮闘する従業員を見守る立場に徹しています。
自分の意向を抑えて、じっと動かず俯瞰的に見たり、
スタンスを心底理解して、今後の布石のためにも
そこに徹するということは非常に難しいことを 不惑を超えたこの年にして学んでいます。
「ああしたら良いのに」「こうしとかなあかんのちゃう?」と私の性格上多々言いたくなることもありますが、
手紙をくれた彼女のように、謙虚さ控え目さを見習わなければなりません。
.

すっかり変わった建物はまだ見ていないので、寒くならないうちにコーヒーでも飲みに遊びに来てくれないかなぁ。
これまで忙しすぎて、振り返る時間さえも勿体ないと頑固に凝り固まっていましたが、
私も立場的にゆとりが出てきたので、たまにはゆっくり思い出話もしたいものです。

 

客室名は日本の伝統色で。

長い梅雨が明けたと思ったら、猛烈な暑さがやってきました。
いよいよ夏本番です。
.

そして、当館ではおかげさまをもちまして
7月末日に予定通り、大改装工事が終了しました。
.

世間はこんな大変な時期ではありますが、社長の肝いりでスタートした全館改装。
手前味噌ながら、文字通り誰もがアッと驚くほど素晴らしく生まれ変わりました。

.

今回私が関与したといえば…

.

これまでの客室の一般的な数字番号を改め、
それぞれに名称を付けることにしましたが、その名付けです。

.

できれば「京都」にちなんだ名前にしたいなぁと悶々と考えていましたが、
フロアごとに色のテーマを決めて、日本の伝統色にしました。

.

しかも、平安時代にすでに存在していた色の名前に絞りました。
2階は私の大好きな色、これまで当館のコーポレートカラーとしても多用していた「紫」系です。

.
3階は「赤」系統。
ローマ字が無いと難読な漢字もあります。

.
4階は「緑」系統。
「青」や「白」系統も考えましたが、一番色数が多かったので「緑」でまとめることにしました。

.
一口に「紫」「赤」「緑」といっても、とても多くの色がありますよね。
やはり日本に四季があり、その四季によって自然の風景も美しく変化していたことが大きく影響しています。
写真の通り、各フロアのエレベーター/階段の目の前に、各部屋の一覧を掲示しています。

.
これまで上書きしているWEB上の写真は、素人写真ですので、今月中にはプロに撮影していただき変貌の全容をお伝えしていきたいと思います。

今年は寂しい祇園祭

早くも7月に突入していました。もう2020年の後半がスタートしています。「観光」というのは経済の最後に伸びてくる数字だとも思っていますが、まだまだ先行きが見えず厳しい現状です。

.
そのような中で多くの方からご心配、お気遣いや励ましのお言葉をいただき、当館のことが頭によぎってくださっていると思うだけで本当に有難く感謝しています。おかげさまで、50日間に及ぶ館内(主に3・4階の客室)の大改装も着々と進んでおります。予定通り8月1日には新しい装いでお客様をお迎えすることができそうです。
.

本来ならば4月の中旬から今月の中旬まで、GW連休を除き、一日も欠かさず全国から修学旅行として当館をご利用いただき、連日館内は中学生の皆さんで賑わっているところでした。しかしながら、今年はご多分に漏れずコロナの影響で、この春から初夏にかける時期全ての中学校の修学旅行がキャンセル、または延期になりました。
.
我が子も、この学年だけしか体験しない行事ごとが流れていきガッカリする様子を見るに、中学三年間で一番楽しみにされている修学旅行が、延期ならまだしも中止になる現実を受け入れなければならない生徒の皆さんのお気持ちを察すると とても胸が苦しくなります。「コロナだから仕方がない」の一言で片づけてしまうには本当に忍びなく思います。

 

さて、緊急事態宣言が解除され、都道府県をまたぐ移動が可能になったところで、まだまだ京都の街は静かなものです。この時期にしかできないことに、もっと果敢に取り組んでいかねばなりません。
.
違う目線で世の中の様々なことを楽しもうとする自分に気づくことができるのも、この苦境の中の大きな成長因子でしょうか。
.
毎年7月に入ると、京都市中ではお囃子の音があちこちでBGMとして流れ、我々京都市民にとって心浮き立つものがあるのですが、今年は山鉾巡行の中止のみならず、鉾を立てることさえも中止になりました。ずいぶん寂しくもありますが、歴史文化の深く根付く京都は祇園祭以外の楽しみもたくさんあるものです。それらを上手くみなさんにお伝えしていくことも、観光に携わる私たちのできることの一つかもしれませんね。

 

 

 

新緑の5月。

新緑が美しい季節になりました。
気づけばブログを更新せずに丸2か月以上も経過していました。
.
13年前の2007年から細々とブログを始めましたが、
ここまで間が空いたことはありませんでした。
.
ご存じのように観光産業で半分成り立っている京都は壊滅状態です。
私はあれだけ憧れていた(?)専業主婦生活です。
毎日三食つくり、24時間こどもにべったりの生活も こう長く続くと慣れたものです。

.

アフターコロナで世間がどう変わるのか、
私の乏しい想像力では追いつきません。
.
それでも、日本の四季は刻々と変化しています。
写真は新門荘の真横を流れる白川を少し上流にいった「知恩院」付近。
今年初の真夏日にはしゃぐ子供たちと一緒に白川に入りました。
やはり今年の枝垂れる柳も美しい。きっと来年も同じ景色が見られることでしょう。

.
「老舗」と呼ばれる有名店が店を畳み、
家族で細々と営むお店さえも閉店に追い込まれる。
先人たちから受け継いだ暖簾を、次世代に受け継いでいくことはどれほど大変なことか。
.
今の世の中は、何かにつけて不平不満をまき散らしていた地球上に住む、
私たちへの戒めのように思えてなりません。

.
「難」という漢字は「困難」「苦難」「災難」「受難」…
と、災いや責められるような要素を含む意味合いがあります。

しかしこの「難」に「有」が頭につくと「有難い」という言葉が出来ます。

.
そうです。
今こそ、私たちはこれまで当たり前すぎて忘れていたことすべてに
「感謝」していかねばなりません。それが「当たり前」になった時こそ
少しずつ世の中が前向きに動き出すのかもしれません。
.
こちらのブログをご笑覧くださった皆様、
どうぞご自身のお身体にはくれぐれもお気をつけてお過ごしください。

世間は大変!でも、こんな時に大改修工事

とても静かな京都です。
平日でもこの「たつみ橋」は写真を撮ろうと ものすんごい人ヒトひと…で
通過するだけでも厄介ですが、ご覧の通り誰一人いない(@@)

 

誰もが先行き不透明さに不安しか付き纏わないご時世だというのに、
当館では夏からの予定通りに社長の肝いりで、
三期に工程を分けて、延べ4週間にわたる館内の改装工事を進めています。

まず脱衣場を含む大浴場が生まれ変わりました。

浴室内も配管の入れ替えとともに全てのタイルをはがし一新しました。

↓↓ 2階の朝食会場や宴会場として利用いただいていた「大広間」は、
入り口さえも変える大幅なリニューアル。
トイレ等で邪魔をしていたデコボコがなくなり、随分と広さを感じるようになりました。

それに伴い2階の廊下も随分と様変わりします。
壁の色がシックに濃くなっています。

今は想像もできないけど、あと2日で天井と床が出来上がる予定です。

↓↓ 正面玄関を入ってすぐのロビー回り
壁の凹んでいる部分には書を飾る予定です。
黒く見えている棚は収納庫で、この手前にカウンターが設置される予定です。

休日なしで昼夜問わず、安全第一で業務にあたってくれる大阪の朝日建装さん。
施主のかなりの無理難題をも大きく受け止めて、相当なスピードで進めてくれています。感謝!!

書展を兼ねたお昼席

先日、タイトル通り書道の作品展を兼ねたお昼席がありました。
書家の竹内勢雲氏の教室に通われる生徒様が書かれたお扇子が何十点と並べられました。

生徒様とはいえ、中にはご自身で書道教室をされている方や様々な賞を取っておられる方も。凡人の私からすればどれもこれも達筆で、素晴らしくて一点一点思わず見入っていました。

「書道は絵画や他の美術品と違い、どこから始まったか明確で、書いた人の息遣いがその書から見て取れる」と聞いたことがあります。なるほど、何百年前の書でも、文の途中から書きはじめる人はいないわけで、古人の筆の運びを真似することができるわけです。

.
当館は珍しく絵画よりも書の装飾品が多いです。
2月は1階ロビーや2階大広間の改装工事があり、しばらく休館を頂きますが、
リニューアルした暁には、やはり今と変わらず書をあちこち掲示したいですね。
.

この床の間の竹内勢雲氏の書は随分と以前から当館で飾っていました。
何を隠そう、この私も出産以前まで先生にご指導を仰いでいたのです。(もう10年前になりますが^^;)
この日は書の達人たちがたくさんおいでになる中、私が書いた歓迎看板がとても貧相で恥ずかしくなりました。また先生の教室へ通いたいと強く思い直しました。

.


.

お目よごしになったので、最後は新門荘の玄関にある看板の写真をご覧いただきましょう。
この看板は竹内勢雲氏の師匠である杭迫柏樹(クイセコ ハクジュ)氏に書いていただいた自慢の看板です。

関西も松の内が終わりました

新年が始まって早くも二週間が経過。
旅館業を営んでいる私にとって、年末年始は忙しくも有難い一週間。
.

私が接客したあるお部屋では、未就園児と乳児がいらっしゃいました。
お子さんがいると、ついつい話が弾んでしまう(^^)
.

私にも9才と3才の子供がいると言うと
「え?今お子さんは?なんだか申し訳ないです」と仰って、お客様に気を遣わせてしまいこちらは恐縮しました。

.
.

サービス業やホスピタリティ産業と呼ばれる対面で接客する職種は、
人様がお休みの時は働くのが当たりまえ。
.

その代り、一息ついた時は混雑を気にすることなくゆっくりできます(^^)/

さて、関東では1月7日だそうですが、
関西の松の内も今日で終わりです。
本日をもって、館内のお正月用の飾り物も片づけることになります。

今年は庚子(かのえ・ね)の年。
近代の文明開化以降、3度目の「庚子」の年。
.

結実の後に、新たな形に変化しようとする「庚」と、
生命のスタートであり、繁殖や発展を意味する「子」が掛け合わさっています。
.

つまりは今年は新たな芽吹きと繁栄の始まりです。
.

祇をん新門荘もお客様にお喜び頂けるように、
躊躇することなく変化を受け入れ、厭わず変化に努め、
そして多くのお客様とのご縁が育まれるように前進してまいります。

2019年も残りわずか

今年もご愛顧頂く皆様、各方面でお世話になりました皆様、
大変お世話になりまして有難うございました。
.
世間は「平成」から「令和」に変わりましたが、
今年は祇をん新門荘にとりまして、創業70年を迎えた年でした。
.
創業当時に「料理旅館」と看板を掲げていたそうですが、
料理が格段と素晴らしくなりました。
リピートくださるお客様方もみな一様に驚かれるばかりで、
また大変光栄なことに口コミにも「料理で選ぶならココ」と書いてくださるようになりました。
ようやく創業者の思いが形になってきたように思います。


.

同時に社内体制も大きく変わりました。
特に京都では世襲制を重んじる旅館業界にとっては、
大変珍しく、親戚縁者ではない彼女に「若女将」として
活躍してもらうことを筆頭に、
変化を厭わないエネルギー漲る、
素直な20代30代の若手従業員が飛躍しました。


.
古参の従業員もやっと活躍できる舞台を用意してもらったと言わんばかりに俄然張り切る人や、
これまでの半分の人員で社内が回ることに首を傾げながらも楽しそうに働く人。
長年願っていた部署間を超えた会話のある楽しい職場に変わりました。
文字通り少数精鋭で、互いに思いやりを持ち、助け合う素晴らしい職場環境です。
.
私が自宅で子供の面倒をみて、いつも通りの時間帯で就寝している間も
汗水流し、睡眠を削り、懸命に業務に従事して、
真心こめてお客様を迎えてくれている従業員には本当に感謝しかありません。
.






.

さて、私自身はというと40代に突入しました。
20代の頃から憧れていた40代。
.
30代は連日の極度の睡眠不足とワンオペと闘いながらも、
それなりに仕事を頑張ってきた自負心があるので
わりと良い表情をした40代を迎えたと思っています(自画自賛)
刻まれる皺さえも、これまで笑顔で接客をしてきたからこそだと誇らしく思います。
.

ココ・シャネルの名言、
「女は40を過ぎて始めておもしろくなる」を信じて
2020年も突っ走ろうと思っています。
.
こちらのブログをご笑覧くださった皆様も
どうぞ佳いお年をお迎えくださいませ。

兵庫県と東京まで、講演活動

月に一回ペースで観光学部やサービス学科などの学部がある大学、専門学校、高校で
「旅館の魅力を伝える」という講演活動が続いています。
.

11月は兵庫県夙川にある「大手前大学」にて。
学生の皆さんは60~80名ほどいらっしゃったでしょうか。
.

直近と言えども、こちらの学校さんはいつになく印象に残っています。
男性も女性も皆が真剣に私の顔を見て、表情明るく
耳を傾けてくれていたことがとても印象的でした。
.

講義後に配るアンケートとは別でレポートも書いてくださっていたようですが、
先日その一部が私宛にメールで届きました。

私が伝えたいことを素直に受け止めてくれているようで、
この細々とした講演活動の遣り甲斐を感じます。
.
.

先日は東京の「落合」と呼ばれるところにある「日本ホテルスクール」まで出向きました。
ホテル、ブライダルの専門学校というだけあって、すでに実地訓練も経験されている学生さんばかり。
.

60分間×2回を話し、実は来月も同校へ出向きさらに2回同じ話をします。
計150名以上の皆さんが旅館について耳を傾けてくださるわけで、
片道3時間は体力的になかなかキツイですが、本当に有難い機会を頂戴しました。
.

「是非、旅館に就職してください!」といった下心丸出しの話や
京都や自分の旅館の自慢話なんて絶対にしたくない。(まずそんなことは頭にないので)
.

ただただ純粋に、
「ホスピタリティって決して難しいことじゃないヨ!
彼氏や彼女の誕生日にいろいろとプランニングする、あのワクワク感と一緒だよ!」
ということを伝えたい。
.

だから、私の話の構成は、京都や自分の旅館の紹介は1/4程度にとどめ、
ひたすら「旅館業」と「ホスピタリティ」について説明しています。
.

旅館の歴史や、軒並み減少する現状、
ホテルのみならず宿泊形態が多岐にわたる時代に入っているけれど、
それでも「旅館」が無くならないと確信する理由。
.

「泊まって良し、働いて良し、薦めて良し」の旅館業の存在を広める為に、
お声をかけてくださるかぎり、これからもコツコツこの活動を続けたいと思っています。
.
最後の写真はこの学校を紹介してくださったJTBの白井氏(ストライプのネクタイ)、
日本ホテルスクールの理事長でいらっしゃる石塚氏(紫のネクタイ)と一緒に。

舞妓の小はるちゃん引退

いつも笑顔で、裏表のない可愛らしい性格で、
ウィットに富んだ会話上手な宮川町の「小はる」ちゃんが
先月末に舞妓さんを引退されました。

写真は花街を去る時に、関係者に三角形の「引祝」と書かれた和紙配り挨拶に来てくれます。
「小はる 改メ あかり」

.
花街を引退して、本名の「あかり」さんに戻るわけです。

 

.
つい最近、店出し(舞妓デビュー)で挨拶に来てくれたと思っていましたが、
あれからもう6年が経過していたのですね(@@)
.

.
6年前はあんなに‘おぼこい’(幼い)印象があった彼女も
数年で、すっかり色艶のあるお姉さん舞妓になっていました。
.

.
舞妓さんは店出しする前に、約1年間の修業期間がありますから
中学校を卒業してすぐに京都へ越してきて
7年ほど祇園界隈に住んでいたわけです。
.

バックヤードの待ち時間の最中は、いつも文庫本を読んでいた彼女。
「本の‘におい’が好きなんどす。ちょっと変わってまっしゃろ」と笑顔が輝いていました。
.

舞妓さんが終わったら、芸妓さんになるかと思いきやの引退。
誰からも愛されるとっても良い子だったので、ほんとに残念です(TT)
ご実家のある関東へ戻られていると聞きましたが、
身体に気を付けて素敵な20代を謳歌してほしいと思います♪
.

お問い合わせ

Tel075-561-8011